メニュー

スギ花粉が飛散しています。

[2019.03.02]

 今週に入りスギ花粉の飛散が始まりました。今年は大量飛散と言われており、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみで悩まれている方が多く来院されております。当院では鼻アレルギー診療ガイドラインを参考にし、患者様個人に合わせて治療を行っております。内服薬だけでは効果が乏しい方には点鼻薬を追加したり、他の薬剤を追加することで、症状が改善することが多いです。今年の花粉症はしんどいと言われておりますが、少しでも楽に生活できるように最善を尽くさせていただきます。

 またスギやヒノキなどの季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)やハウスダスト、ダニなどによる通年性アレルギー性鼻炎について、自分に何のアレルギーがあるかを知っておく事は非常に重要です。何のアレルギーがあるかを知っておくことで、症状がでる前に対応することができます。

 ハウスダストなどによる通年性アレルギー性鼻炎がある方は、部屋の掃除でハウスダストは減少することはできますが、完全に除去することは困難です。部屋にあるハウスダストを除去するのは掃除、鼻についたハウスダストを除去するのは鼻洗浄(鼻うがい)、鼻についたハウスダストの症状を抑えるのに薬物治療があります。通年性アレルギー性鼻炎のある方は、このように心がけるだけで、普段から鼻どおりが良くなり、快適な生活を送れる場合が多いです。

 そのうえでスギ花粉症がある方の場合は、スギ花粉が飛ぶ前から薬剤を使用することで、スギが飛んできても大丈夫な体つくりをする事が大切です。(この治療を初期療法と言います。)またスギ花粉のあとにはヒノキ花粉、その後はカモガヤ花粉(イネ科の植物)が飛散してきます。毎年GWくらいまで症状が出る方はヒノキ花粉症もあることが予測されますが、もしかしたらカモガヤ花粉症もあるかもしれません。カモガヤ花粉症は目の症状が強く出ることがあり、実はカモガヤ花粉症もあったのに、自覚症状だけでGWあたりで薬をやめて、花粉症に苦しむ方もいらっしゃいます。

 このようにご自身が何のアレルギーがあるかを知ることで、的確な時期に治療を行うことができます。アレルギーの血液検査は3割負担で2500円程度で行うことができます。(HD、ダニ、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、IgEを測定する場合に限る)鼻症状に悩むことが減り、快適な生活を過ごすことができれば、生活がすごく楽になると思います。

 免疫療法やラジオ波治療(鼻閉改善手術)についても相談に乗りますので、気になる方はご相談ください。

 少しでも快適な生活を送っていただけるように、最善を尽くさせていただきますので、お悩みの方は受診ください。

花粉症 ガイドライン

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME