メニュー

舌下免疫療法を行うことができます。

[2019.10.26]

スギによる花粉症、ダニによる通年性アレルギー性鼻炎は根治療法を行うことができます。内服治療、点鼻薬治療は対症療法であり、症状を抑えることを目的に行っております。根治療法としては免疫療法があり、近年舌下免疫療法が主体で行われております。免疫療法とはスギやダニの抗原エキスを少しずつ体内に入れることで、少しずつ慣らしていくといったものです。舌下免疫療法は舌下部に錠剤を1分間保持した後飲み込むといったことを毎日行います。ダニ舌下錠はミティキュア、スギ舌下錠剤はシダキュアといった薬剤になります。期間ですが、少なくとも3年、できれば5年治療を続ける必要があります。病態としてはIgG4といったアレルギーを抑制する抗体が増加することによりアレルギー症状を抑制するといわれており、3年で花粉症の症状(鼻閉、くしゃみ、鼻水や目のかゆみ)は改善するといわれておりますが、IgG4は5年間舌下免疫療法を行ったほうが、上昇するといわれております。そのため舌下免疫療法は3年~5年の通院が必要になります。最初の1週間は少ない量の導入量を摂取して、その後は維持量として同量を続けていきます。最初のうちはアナフィラキシーショック(アレルギー反応)が出た時の対応やうまく錠剤を舌下部に保持できているかを確認する必要があるため、当院では大手前病院にて舌下免疫療法の導入をお願いしております。導入が終われば、当院にて1か月毎に受診していただき、状態を確認し、処方を継続していく様になります。私自身、以前に免疫療法(当時は皮下免疫療法が主体であったため、皮下免疫療法)を行っており、著名にアレルギー症状は改善しております。アレルギーは生活の質を低下させることから少しでも症状を改善すべきと考えておりますので、舌下免疫療法について質問や希望があればいつでも相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME